2020年11月30日

起床。寝たら体調いいみたい。朝からムダな事をたくさんしてやろうと考えている自分がいる。これはとてもよい傾向。生きている証。とりあえず寒いので、少し走って身体を温める。ムダ全開。

 

四枚目作業。朝だけでムチャクチャ進んだのが嬉しい。このペースなら明日の夜に完成するという事もあり得る。続けて描いていると「ツボ」の様なものが分かってくるのかもしれない。毎回が新しいチャレンジなので、余裕こいて描いている訳ではないのだが、物事が滞りなく進むのは気持ちがイイ。さあ出勤の準備だわ。

2020年11月29日

4時には目が覚めていたのだけど、今日はかなり寒い故、布団の中でずっとモゾモゾしていたら6時。「時間をムダにした」感と「自分に負けた」感が半端ない。気を取り直して軽く走ってみようかと。あまり無理しないで気楽に走るくらいが今の時期は丁度いい気がする。フヌケと言えばフヌケなのだが。

 

走って風呂入って洗濯してドラッグストアに買い物に行った。ハンターカブに乗ろうと思ったのだが、体調が微妙にオカシイ。ここで無茶しても仕方がないので、三枚目の絵を少し進めてみた。今回はそれほど時間をかけずに仕上げる事ができそう…なのだが、ナメてかかって結果がよかった事がほとんどないので、それなりに慎重に作業を進めようと思う。眠くなったら昼寝する。

 

三枚目の絵、リーチ。全体に鉛筆が入ったので、あとはコントラストと細かい修正を行ってスプレー吹いて完成。スゲー速いぞ今回。調子に乗ってワークマンのオンラインストアでポンプで空気入れて暖かくするベストがようやっと発売されたので勢いで注文した。この手のギミックは実際に試すに限る。オートバイに乗る時に上着の下に着ておけば緩衝材になるかもしれない。そしてAmazonでかなりお安くなっているアシックスのゲルジラス2を注文しようかどうか考え中。昨年も購入しているのだけど、その完成度の高さに感動。色違いが欲しいと思っていたところ、ちょうどイイ感じのカラーがかなり安い。どうしよう迷う。そして駿河屋でも気になる中古プラモデルが爆安価格でリリースされているのが気になる。更にコロンビアとコロンビア・モントレイルで秋冬物のセールが開始され、春から気になっていたトレッキングシューズおよびトレイルランニングシューズが三割引きとなっている。これはボーナスが入ってからでも間に合いそうなので、注視しておこうかと。結局は物欲にまみれており、こんな生活を続けているとお金が早々になくなるのは目に見えているので、やはり本職以外に稼ぐ手段を構築する必要があるなと真剣に思う訳で。ハンターカブのカスタムもしたいし。靴はやっぱり買っちゃうねえ。プロダクトとしての面白さが靴にはある。デザインにも興味がある。

 

三枚目完成。そうですか18時ですか。体調あまり優れないし絵も完成したので、時間は早いけど寝てもいいのかもしれない。とりあえず夕飯作って食べてみるか。

 

さすがに18時就寝は早過ぎると思ったので、四枚目に着手してみた。いきなりイイ感じに進んだのでビビった。これなら水曜日には完成するかもしれない。それを目指して描き進めてみようか。そして朝と同じコースを朝履いたシューズとは違うシューズで走った。走っている間に考えた・思いついた事は、基本的に人生なんてムダな行為の集大成たりするので、ムダな事を沢山やって、死ぬ間際に「あ~楽しかった!」と言えるのがよい人生なんだろうなと。極論かもしれないが人間なんつー生物は地球環境において害獣でしかないので、存在そのものがムダなのだ…というのが自論。であれば、全ての人間の行為もムダな訳で、いくら社会に貢献したところで地球環境においては災害でしかない。個人的な努力もすべてムダなのだ。だから今後はグータラに生きるのだ…という結論には自分の中ではならず、むしろムダな努力を猛烈に行う事により、人生をより豊かなものにしたくなった。これは自分自身の人生を豊かにしたいだけなので、社会貢献んつー事は全く考えない。だからと言って社会に迷惑をかける様な事はしない。あくまでも個人的にムダな事、余計な事をガツガツやろうぜ!…という方向性。その様に考えると、人生に正解や間違いがなくなる様な気分になる。何かを手にしようと努力し、その甲斐あって無事にソレを入手したとしても、最終的には自分のものにはならない。「死」という現象がある限り、自分の身体ですら自分のものにはならない。だとしたら、健康を維持するのはムダな努力だし、ダイエットしたりビルドアップする事もムダ。だからと言って、それらの行為は否定しないし、むしろ肯定する。ムダな事をどれだけやったかが人生の価値であるとするならば、その様な行為は絶対にやった方がよろしい。「正しい」事を行う必要はないし、間違っていてもやってみた方がいい。とにかく沢山のムダを行う。今、自分が描いている絵だって、最終的にはゴミと化す。大好きなプラモデルだって、丁寧に完成させてもゴミと化す。欲しくて欲しくてたまらなかった、先月入手したハンターカブだって、最終的にはゴミになる。「無常」とはよく言ったもので、自分の体験している物事は全て「無」に帰す。コロナウイルスに怯えている暇があるなら、もっともっとムダな事に時間を割く必要がある。今の自分は絵に結構時間を割いているが、ハッキリ言ってムダなのだ。しかし、ムダだからこそ時間をかけているとも言える。まあ依頼主さんが美人さんだから超頑張るしかないと思っているし、その依頼主さんが喜んでくれればソレでいいとも思っているし。別にギャランティが発生する訳でもないので、投資効率という視点で見たら最悪レベルの投資案件だとは思う。しかし、全ての物事が「効率」という言葉で合理化されたらつまらないしくだらねえんだよ。ムダだからこそ楽しいんじゃあないか。だから自分はムダな努力をこれから先ガンガンやろう!…と、走っている時に誓った。この身も最終的にはゴミになる。ゴミになる身体を「道具」としてどれだけ使い倒せるかが勝負だ。ダラダラしている暇はない。道具は使ってナンボである。大事にし過ぎてはイカン。

2020年11月28日

起床。さすがにガバッと起きる事ができなくなってきた。それだけ寒い季節になってきたという事であり。布団の中でモゾモゾとしている時間が無駄なのは理解しているが、身体に勢いがつかないと言うか。進化した箇所があるとすれば、脚冷えしなくなった事くらい。ナゼか今年は足先が冷たくて眠れない事例がほとんどない。昨年はそういった事が結構あったのだけど。サプリメントが効いているのか?…とは言ってもマルチビタミンを摂取しているだけなのだが。検証が必要。

 

帰宅してから昼飯食べて、そのままお絵描き作業の続き。そして二枚目が完成した。もう少し描くスピードが上がらないとマズイかもしれない。どうしても描いている途中で飽きてきたり、集中力が途切れたり。描く対象にもよるのかもしれない。描いていて飽きないモチーフというものがあればいいのだろうけど。今回のラストスパート中、頭の中では名作である『ナイトストライカー』のBGMが流れていた。ナゼなのかは不明。タイトーの作品は名曲BGMが多いのが素敵だ。

2020年11月27日

起床。案の定、今月のクレジットカードの使用金額が結構な額に。まあよい。あまり気にしない。趣味にはお金が必要。勿論、お金のかからない趣味もある。しかし自動二輪に手を出してしまったので、ソレにかかわる出費が半端ない。だが、それでも全く構わない。だって面白いんですもの。今のうちに楽しんでおかなくてどうする。トシ食ってからでも確かに楽しめる事だとは思うのだが、自分は「今」楽しみたいのだ。イチゴは後に残しておくべきではない。とっとと食べてしまうのが吉。なので来月、カムシャフトを購入する方向。

2020年11月26日

起床。ソフトバンクホークスが優勝した事よりも、矢口高雄マラドーナが亡くなった事の方が衝撃が大きい。比較できる出来事ではないかもしれないが。最近、休日の充実度が高いせいか、その後の平日の朝の気分が悪い。「ああ、楽しかった昨日は続かないのね…」的な。ヤバイくらいに楽しい仕事が一生続くという理想的な人生を形成するにはまだまだ時間がかかる模様。過去にその様な時間があったと言えばあった。プレステ2の本体発売と同時にリリースされるタイトルの開発に携わっていた時は、毎日が文化祭の様で、本当に楽しかった。あの時の様な情熱と狂気で毎日を過ごす事ができたら、さぞかし楽しい生活を送る事ができるのだろうな…と、今でも夢想する。あの頃はもう戻らないし、戻せない。進むしかないので、日々の生活の中に小さくてもいいので「楽しみ」を見付けるもしくは開発する様、努めないといけない。「禅」の本には、そのためのヒントが隠されている気がする。なので今日の朝も読む。絵も進める。

2020年11月25日

起床。よく寝た。7時起き。早速絵を進めようと思う。ホンダはレブルの1100cc版を発表した様で。四輪車よりも二輪車の情報に目が向いてしまう自分としては、国内では斜陽産業だと思われる二輪業界の方が魅力的な車体を各社発表している感がある。ホンダはグロム・CB1100R・CRF250のモデルチェンジも発表しているし、ヤマハもMTシリーズをモデルチェンジしている。趣味性の強い乗り物だけに、ガラッと雰囲気を変えてくれると嬉しくなる。スペックも気になっちゃう。アメリカンクルーザーにはあまり興味がなかった自分でもレブル1100はかなり気になった。DCT装備車がラインナップされていたり、電子制御が導入されたり、しかもクルーズコントロールまで装備しちゃうなんて…荷台が全く存在しないのがナニでアレだけど、この様なデザインのオートバイに荷台をくっつけちゃうと、雰囲気が壊れてしまうので仕方がないのだろうな。帆布性のサイドバッグなんかをぶら下げて旅をするのが面白そうだ…ま、妄想するだけで十分ですよ自分は。ハンターカブが本当に楽しいので、二輪初心者の自分はコレで色々と学ばせてもらい、もっと経験を積んでから二台目の車両を検討するよ。もっとハンターカブと仲良しになりたいし。ハンターカブを本当に不思議な乗り物で、過去に自転車はそこそこの数購入して散々乗ったのだが、ハンターカブ以上に「オトモダチ感」のある自転車はなかった様な気がする。最もソレに近い感覚を抱いたのがドマーネALRかねえ。それでもハンターカブの牧歌的な雰囲気は皆無なので、どうしても自転車に「味」や「粋」の様なものを要求すると、今では選択肢がほぼなくなってしまうので「オトモダチ感」は薄くなる。オートバイは現代でもレトロ感や味わいのあるデザイン・スペックの車両がいくらでもあるので、本当に素晴らしいホビーだと思う訳で。そんな事を朝っぱらから思いながら、さあ絵を進めるか。

 

今日の午前はいい意味で長い。絵を進め、読書も進め、メシを食う。十分過ぎるくらいに充実している。午後は望んでいない病院へ行く。職場が「行け」と言うので行く。別に健康上の問題はない。本当に仕方がないので行く感じ。足下が悪いので、遠いけど歩いて行く予定。道路が乾いてきている様であれば自転車。その時間が来るまでは絵を描き進め、風呂に入り、洗濯をしておこうかと。

 

病院行った。特に問題はなかった。明日、それを職場に報告する。無駄な時間とお金を消費した気分だ。

 

夕飯を食べながらウェブ版の月刊モトチャンプを読んでいたのだが、ハンターカブの見た目を変えずにパワーアップする素敵アイテムを発見した。SP竹川のスポーツカムシャフトという名の製品。分かりやすいネーミングだ。要はカムシャフトのハイグレード版なんだろ?それを交換する事によって出力が上昇するらしい。しかも安い。マフラー交換するよりも費用対効果が高いのではなかろうか。ま、交換作業自体はホンダドリームさんにお願いするとは思うのだけど、コレは買ってみよう。初回点検でお店に行く時までに購入しておき、点検作業ついでに交換作業をお願いする…という算段で。それまでに慣らし運転のための距離稼ぎをコツコツと行うべし。絵も描かないとイカンので、計画的に時間を捻出する必要があるなあ。でも楽しみだなあ。

 

ま、他にも色々とハンターカブに装備してみたいアイテムがあるのだけど、楽天で気になる製品をチェックしつつ、来月も散財するんだろうなと。今月はもう打ち止め。来週から12月なので、また少しずつ買い揃えてみる。月曜日の吉祥寺ツアーでかなりコツを掴む事ができたので、安全運転を念頭に置きつつ、もう少し突っ込んだライディングをしてみたい。その前に給油をしに行こう。初給油。そして初ガソリンスタンド。ペーパードライバーだったから給油すら未経験な訳で。それでもハンターカブと一緒であれば楽しい経験となるであろう。もう寝る。明日の朝も絵の続き。そろそろプラモデルいじりも再開したいところ。

2020年11月24日

楽しかった連休も終わってしまい、今日から年末までは通常モード。そんな中であっても楽しさや新しい発見のある毎日を過ごしたいと改めて思う本日の朝。最近はゴハンを食べながら「禅」に関連した本を読むのが小さな楽しみだったりする。とりあえず5冊くらい読んだが、たぶん今の年齢でないと理解する事ができない内容であり、若い時に読まず、今でよかったと思う訳で。物事の捉え方・考え方を少し工夫するだけで、日々を快適…とは言わないまでも、少しはマトモに過ごす事ができる智慧を学ばせてもらっている。読んだ事の1割でも実践する事ができれば上出来。そんな事を思いながら今日の朝を過ごす。職場に行くの、本当にシンドイ。その「シンドイ」という反応をした自分を客観的にみる事ができるか否かが大事らしい。難しい。

 

帰宅。TPMSが到着していた。ポストの中に入っていたので封を開けてみると、梱包用の箱が思いっきり潰れていて印象は悪い。中身は無事っぽいので、明日時間を作る事ができたら装着してみようと思う…が、果たしてそんな時間を工面する事ができるのか否か。忙しいのはいい事だとは思うのだが、余裕が無さ過ぎるのも問題がありそうな。